ピューレパールの効果的な使い方をチェック!

ピューレパールの効果的な使い方をチェックしてみましょう!
ピューレパールは、ワキやひざなど体の気になる黒ずみをケアできる薬用ジェルですが、使い方を間違ってしまうとせっかくの効果が期待できなくなってしまうので、効果的な使い方をチェックして、効果が得られるようにしましょう。

 

ピューレパール 使い方

ピューレパールの効果的な使い方は、まず塗る前にワキを清潔にすることです。  さらに、ピューレパールが浸透しやすくすると効果的でしょう。

そこで、シャワーを使います。
ワキにシャワーを1分間当て続け、黒ずみの原因になる古くなった角質や汚れを取り除くとともに、シャワーの圧力で毛穴を開かせます。
入浴後、汗が引いたらピューレパールを円を描くようにマッサージしながら塗りこみます。
ピューレパールの使い方は、朝と夜の2回塗るだけですが、朝、忙しくてシャワーに入れない場合などは、蒸しタオルで1〜2分くらいワキを温めてからタオルで拭いて、その後にピューレパールを塗りこむといいでしょう。

 

ピューレパール1回分の量を2回に分けて塗る「重ね塗り」もおすすめです。  ピューレパールを塗る際、まず半分の量をワキに塗りこみ、ジェルがなじんで乾燥したら残りの半分の量を塗りこみます。

 

「重曹」を使うのもおすすめです。  ピューレパールに同量の重曹を混ぜて、ワキに塗り、円を描くようにマッサージします。
その後、1分ほど置いてから、シャワーを1分間当てながら洗い流します。  汗が引いたら、ワキにピューレパールを円を描くように塗りこみます。
重曹は体臭などニオイ対策にも効果が期待できます。

 

ピューレパールの効果的な使い方は、簡単な方法が多いので、ぜひ実践してみましょう。

 

脇訴求

 

>>ピューレパール 公式HPはコチラ