ピューレパールは顔にも使えるのかチェック!

ピューレパールは無添加のオールインワンゲル系化粧品です。刺激は少なく、ボディの黒ずみや乾燥、シミなどを解決するようにサポートします。メイン成分は『水溶性プラセンタエキス』と『グリチルリチン酸ジカリウム』です。他には

 

ピューレパール

[ ビサボロール 米糠抽出物加水分解液A 水溶性コラーゲン液-4 ヒメフウロエキス(皮膚老化防止成分) ヒアルロン酸Na-2 アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム 加水分解ヒアルロン酸 トレハロース ステアロイルフィトスフィンゴシン 濃グリセリン トリメチルグリシン エチルヘキサン酸セチル(エモリエント効果もある) ステアリン酸POE(20)ソルビタン カルボキシビニルポリマー 水酸化K  キサンタンガム ジメチコン 天然ビタミンE  BG  1,2-ペンタンジオール フェノキシエタノール 精製水 ]

 

が配合されています。ピューレパールに配合されている成分は基本的に、安全で負担が少ないと言えます。用途はボディの黒ずみを解決させる為に使用すべき、オールインワンゲル系の製品です。しかし、他社の製品と比較すると顕著に判明させられますが、化学物質の使用が少なめであり、下手な化粧品会社が提供する質の良くない、顔用化粧品よりもグレードは高いでしょう。

 

よってピューレパールは「顔に使えるレベル」です。

 

・化学物質はエチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、ジメチコン、1,2ペンタンジオール、フェノキシエタノールです。基本的に無添加ですが、それらの化学物質は危険ではなく、添加物の基準から外れます。ピューレパールに含まれている化学物質の配合量は決して多くなく、顔にも使えるでしょう。しかし、あくまで用途から外れますから、トラブルが発生しないと断言はできません。自己管理が要求されます。

 

化粧水で皮膚を整えた後にピューレパールを適量、手の平に馴染ませて、付けると良いでしょう。シミや黒ずみが気になるところに少量は付けてもデメリットは発生しにくいと言えます。

 

 

脇訴求

 

>>ピューレパール 公式HPはコチラ